5月25日(水)アラビア語入門講座

JAPAC(日本-パレスチナ・プロジェクト・センター)が開講する、アラビア語入門講座。どの回からでも参加可能です。

2016-03-20 at 20.37.11アラビア語は国連の公用語のひとつです。アラビア語を公用語としている国と地域は25以上に及び、アラビア語を母語としている人口は2億人以上です。パレスチナの場合は、勿論アラビア語を母語とし最初は、挨拶から、そして、文字も読めたり、書けたりしたらもっとわくわくすることでしょう。「シュワイ・シュワイ(少しずつ、少しずつ)」やってゆきましょう。いつか、最終的にはパレスチナをはじめアラブの歴史や文学や詩に触れられるようになりましょう。
インシャアッラー!

日時:第2、第4水曜日 19:30~21:00
場所:素人の乱 12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F
(北中通り沿い斉藤電気店向かい)

費用:三ヶ月で15,000円
(分割可:一月あたり5,000円)
連絡・問い合わせ先:
電話:070-6930-4368 (松尾)
メール:mrzqhrk@muc.biglobe.ne.jp

●以下のプロクラムではじめます。
1.旅々アラビア語・・・旅に出よう、しゃべってみよう!
2.旅々アラビア語2
・アラビア語の話されている地域
・食べ物の名前を覚えよう!
3.違いの分かるアラビア語
・日本語や英語や他の言葉とどう違うの?
・セム語という言葉

さあ、アラビア語をはじめましょう。
心の耳を研ぎ澄まし、パレスチナの人々の心の叫びを聞くために。

講師紹介 – 松尾 晴紀
大東文化大学他講師。ATIF(ダマスカスにあるアラビア語学院)修了。ダマスカス大学文学部歴史学科留学。パリ大学歴史学修士。JICA特別嘱託にてイラク出向。 元 放送大学講師。

美学校 外道のスゝメ修了展「生存指南」

会期:2016年5月13日(金)~5月17日(火)
会場:素人の乱12号店「ナオナカムラ」  東京都杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2F
開場時間:15:00~20:00(会期中無休)
作家:布施琳太郎・KUMA-CHANG・たるいしけんぞう
ディレクター:大谷芳之
イベント:オープニングレセプション 13日(金)18:00~
主催:美学校「外道ノスゝメ」1期生
協力:美学校・ナオナカムラ
詳細:http://naonakamura.blogspot.jp/

scan-007−2 シワ

外道!!!我々は、この1年間、常軌を逸脱した刺激のインプットの中でドライブしてきた!その中で育まれた思想のバイアスは死や生を超越し、新たなる神の創造に向かっている!!我々は死を知らない!倫理や物自体の向こう側で、快楽さえかなぐり棄て、真の美のなかに潜む、現実とは別の、唯一無二の世界へアクセスするための道を探る!!!その地平に至るために、我々は、宇宙創生の輝き、ビックバンさえ超えた圧倒的輝きを放ちながら加速する!!我々は新たな美の術のための道を提示する!!!!
我々は仲間でも、友達でもない!!ただ、たまたま「外道ノスゝメ」に集まってしまっただけの赤の他人だ。だが、だからこそ我々は感じ、瞬時に理解したのだ!我々は、同じ時代を生きている!!!これは刮目しなければならない事実だ!!イマと比べれば、人類が積み上げてきた歴史などちっぽけなものだ。我々は歴史を殺戮し、新たなる道を作る!!!外道として!!!外道とは、卑劣で愚劣な者のことではない!!!仏教用語で、内道からハズれた者たち!!つまり、愚劣な大衆とは別の世界を!未来を!神を!信じきってしまった人々のことだ!!!!!我々は大衆とは異なり時間や歴史の渦中で生きてはいない。この退屈した世界に核を持って立ち向かう人間だ!!!ポストモダンも、グローバル化も完全に完了した世界!!そのような、境界のない新しい世界を整理し名指すような、哲学や社会学など愚の骨頂である!!この世界に産み落とされつつある新たなリアリズムを、我々はカタチにする!!整理をするな!もっと、もっとブチ上がれるハズだ!!世界は!!!!オレはオレさえ置き去りに加速する、地平の彼方で焼き切れ、消失するまで。これは新しい時代のサバイバルマシーンのための指南―――外道ノスゝメ!!!!!!!

「外道ノスゝメ」1期生

DM完

5月11日(水)アラビア語入門講座

JAPAC(日本-パレスチナ・プロジェクト・センター)が開講する、アラビア語入門講座。どの回からでも参加可能です。

2016-03-20 at 20.37.11アラビア語は国連の公用語のひとつです。アラビア語を公用語としている国と地域は25以上に及び、アラビア語を母語としている人口は2億人以上です。パレスチナの場合は、勿論アラビア語を母語とし最初は、挨拶から、そして、文字も読めたり、書けたりしたらもっとわくわくすることでしょう。「シュワイ・シュワイ(少しずつ、少しずつ)」やってゆきましょう。いつか、最終的にはパレスチナをはじめアラブの歴史や文学や詩に触れられるようになりましょう。
インシャアッラー!

日時:第2、第4水曜日 19:30~21:00
場所:素人の乱 12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F
(北中通り沿い斉藤電気店向かい)

費用:三ヶ月で15,000円
(分割可:一月あたり5,000円)
連絡・問い合わせ先:
電話:070-6930-4368 (松尾)
メール:mrzqhrk@muc.biglobe.ne.jp

●以下のプロクラムではじめます。
1.旅々アラビア語・・・旅に出よう、しゃべってみよう!
2.旅々アラビア語2
・アラビア語の話されている地域
・食べ物の名前を覚えよう!
3.違いの分かるアラビア語
・日本語や英語や他の言葉とどう違うの?
・セム語という言葉

さあ、アラビア語をはじめましょう。
心の耳を研ぎ澄まし、パレスチナの人々の心の叫びを聞くために。

講師紹介 – 松尾 晴紀
大東文化大学他講師。ATIF(ダマスカスにあるアラビア語学院)修了。ダマスカス大学文学部歴史学科留学。パリ大学歴史学修士。JICA特別嘱託にてイラク出向。 元 放送大学講師。

NAFTAから20年 自由貿易に抗う人々

日時:4月17日(日) 開場 14:30/開演 15:00
会場:高円寺 素人の乱12号店
参加費:500円
主催:戦争と治安管理に反対する PINCH!
問合せ:pinch1984(at)yahoo.co.jp

TPPでこれからの社会はどうなってしまうのか?
NAFTAから20年、メキシコの現在を追った画の上映+監督トーク
共通番号(マイナンバー)の映像+トークもあり。
世の中大変なことだらけ。
明日を生き抜くために、ともに考えましょう!

<タイムスケジュール>
15:00 共通番号(マイナンバー)の映像+トーク
16:00 「自由貿易に抗う人々」上映+監督トーク
上映後、参加者でトーク
◎無農薬野菜を使った料理もあります。

4月13日(水)アラビア語入門講座

JAPAC(日本-パレスチナ・プロジェクト・センター)が開講する、アラビア語入門講座。どの回からでも参加可能です。

2016-03-20 at 20.37.11アラビア語は国連の公用語のひとつです。アラビア語を公用語としている国と地域は25以上に及び、アラビア語を母語としている人口は2億人以上です。パレスチナの場合は、勿論アラビア語を母語とし最初は、挨拶から、そして、文字も読めたり、書けたりしたらもっとわくわくすることでしょう。「シュワイ・シュワイ(少しずつ、少しずつ)」やってゆきましょう。いつか、最終的にはパレスチナをはじめアラブの歴史や文学や詩に触れられるようになりましょう。
インシャアッラー!

日時:第2、第4水曜日 19:30~21:00
場所:素人の乱 12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F
(北中通り沿い斉藤電気店向かい)

費用:三ヶ月で15,000円
(分割可:一月あたり5,000円)
連絡・問い合わせ先:
電話:070-6930-4368 (松尾)
メール:mrzqhrk@muc.biglobe.ne.jp

●以下のプロクラムではじめます。
1.旅々アラビア語・・・旅に出よう、しゃべってみよう!
2.旅々アラビア語2
・アラビア語の話されている地域
・食べ物の名前を覚えよう!
3.違いの分かるアラビア語
・日本語や英語や他の言葉とどう違うの?
・セム語という言葉

さあ、アラビア語をはじめましょう。
心の耳を研ぎ澄まし、パレスチナの人々の心の叫びを聞くために。

講師紹介 – 松尾 晴紀
大東文化大学他講師。ATIF(ダマスカスにあるアラビア語学院)修了。ダマスカス大学文学部歴史学科留学。パリ大学歴史学修士。JICA特別嘱託にてイラク出向。 元 放送大学講師。

笹久保伸個展「秩父前衛派」

会期:2016年4月20日(水)~4月26日(火) 13:00~20:00
オープニングレセプション:20日(水)18:00~
会場:素人の乱12号店「ナオナカムラ」(東京都杉並区高円寺駅北3-8-12 フデノビル2F)
詳細:http://naonakamura.blogspot.jp/

0420DMomote

この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオ ナカムラ」では、オープン5周年を記念し、笹久保伸個展「秩父前衛派」を開催いたします。
笹久保伸は1983年生まれ。幼少期を南米ペルーで過ごし帰国後、母親の郷里である埼玉県秩父市に引っ越します。アンデス音楽を聴いて育ち、その影響を受けた笹久保は9歳からギターを習いはじめ、高校を卒業後、2004年から4年間、単身でペルーへ渡ります。そこでは、フォークロアをリサーチして、音楽のバックグラウンドにある人々の生活と、音楽が生まれて音楽が生きる生の現場を体感します。フィールドワークしたそれらを素材にし、これまでにない彼独自の新しい音楽を生み出してきました。また、帰国後2008年より、秩父という土地のもつ根源的な“前衛性”にフォーカスし、作品へとアウトプットする芸術運動「秩父前衛派」をスタートします。
これまでに20を超えるCDをリリースし数々の賞を受賞するなど国内外で活躍する傍ら、演出家の飴屋法水氏と批評家の椹木野衣氏による戯曲『グランギニョル未来』(2014/ヨコハマ創造都市センター)への出演や、『山形国際ドキュメンタリー映画祭』(2015/山形市)の日本プログラムへ出品、そして、『イメージフォーラム・フェスティバル2016』にノミネートされ、現在は『瀬戸内国際芸術祭2016』の小豆島エリアにて作品を発表しています。また、今展は笹久保にとって3度目の個展であり、ナオナカムラでは初個展になります。

0420DMura
関東地方に属しながらも周囲が山々からなる盆地で“どんづまり”と呼ばれるほど閉鎖的な秩父には、年間400以上ものお祭りや34ヶ所観音霊場が存在し、日本最古の貨幣である和同開珎が生まれ、日本史上最大規模の民衆蜂起である秩父事件が起こるなど、さまざまな信仰と歴史文化が根深く混在しています。また秩父の人々は、絹織物産業とセメント産業により生活してきました。
しなやかで艶があり繊細な絹織物は蚕を育て蛹を殺して繭を紡ぎ、無機質で冷たいコンクリートの塊は神の山と崇められる武甲山を爆破してセメントを採掘します。そして蛹を殺して繭を紡ぐ音や、神の山を爆破してセメントを採掘する轟音のリズムは労働する人々の民謡となって受け継がれました。経済を求めた結果が生み出した破壊と残骸の轟音は今も絶えず鳴り響き神の山を崩壊へと導いています。
笹久保は、その土地で生きた人々が丹精を込めて築きあげた郷土的で前衛的な文化に寄り添い、自らが奏でる表現へとインプットとアウトプットを繰り返しているのではないでしょうか。
本展覧会では、シルクスクリーンで制作された「秩父前衛派・図形楽譜」や図形楽譜を石板に刻んだ「ダイナマイト・トラヴァース変奏曲」をはじめ、8ミリフィルムで撮影された映像作品や未発表の写真作品などで構成します。
その土地独自に根づくカルチャーを自らの足で確かめ、フィールドワークを通じて“あくまで客観的でメタフィジカルに”作品化する笹久保伸の個展をこの機会にどうぞご覧ください。

 

4月1日19時~ 本について語るYouTube番組「湘南ブッカーズ」第1回配信

bookers4月1日19時より、三浦半島在住の古田(ふるた)偽兄弟が、ビール片手にゲストとともに、広い意味でのこれからの「本」について語ったり、語らなかったりするハングアウトオンエア番組を始めます。

第1回のゲストは鷹野凌さん(NPO法人日本独立作家同盟理事長、月刊群雛編集長)、鈴木沓子さん(『BANKSY IN NEW YORK バンクシー・イン・ニューヨーク』訳者、ライター)の二人。

以下のURLより、誰でも無料でご覧いただけますので、宜しくお願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UCEPuRKspqM5CzdMx_gOOPxw

Facebookページ
https://www.facebook.com/shonanbookers/

Twitterアカウント
https://twitter.com/shonanbookers

3月30日 フランスのもと原発労働者フィリップ・ビヤールさんと楽しく話そう!

核と被曝をなくす世界社会フォーラムの番外企画 フランスの原発の下請け労働者フィリップさんとの交流会

核と被曝をなくす世界社会フォーラムに参加するために来日しているフィリップ・ビヤールさんとの交流会を行います。
フィリップさんはフランスの原発の下請け労働者でした。交流会ではフォーラムでは聞けなかった話や参加者からもいろいろ発言してもらいたいと思っています。

3月30日(水)19時から
高円寺 素人の乱12号店
さんかひ 500えん

3月23日(水)アラビア語入門講座

JAPAC(日本-パレスチナ・プロジェクト・センター)が開講する、アラビア語入門講座。どの回からでも参加可能です。

2016-03-20 at 20.37.11アラビア語は国連の公用語のひとつです。アラビア語を公用語としている国と地域は25以上に及び、アラビア語を母語としている人口は2億人以上です。パレスチナの場合は、勿論アラビア語を母語とし最初は、挨拶から、そして、文字も読めたり、書けたりしたらもっとわくわくすることでしょう。「シュワイ・シュワイ(少しずつ、少しずつ)」やってゆきましょう。いつか、最終的にはパレスチナをはじめアラブの歴史や文学や詩に触れられるようになりましょう。
インシャアッラー!

日時:第2、第4水曜日 19:30~21:00
場所:素人の乱 12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F
(北中通り沿い斉藤電気店向かい)

費用:三ヶ月で15,000円
(分割可:一月あたり5,000円)
連絡・問い合わせ先:
電話:070-6930-4368 (松尾)
メール:mrzqhrk@muc.biglobe.ne.jp

●以下のプロクラムではじめます。
1.旅々アラビア語・・・旅に出よう、しゃべってみよう!
2.旅々アラビア語2
・アラビア語の話されている地域
・食べ物の名前を覚えよう!
3.違いの分かるアラビア語
・日本語や英語や他の言葉とどう違うの?
・セム語という言葉

さあ、アラビア語をはじめましょう。
心の耳を研ぎ澄まし、パレスチナの人々の心の叫びを聞くために。

講師紹介 – 松尾 晴紀
大東文化大学他講師。ATIF(ダマスカスにあるアラビア語学院)修了。ダマスカス大学文学部歴史学科留学。パリ大学歴史学修士。JICA特別嘱託にてイラク出向。 元 放送大学講師。

3月9日(水)アラビア語入門講座

JAPAC(日本-パレスチナ・プロジェクト・センター)が開講する、アラビア語入門講座。どの回からでも参加可能です。

Arabic_Alphabetアラビア語は国連の公用語のひとつです。アラビア語を公用語としている国と地域は25以上に及び、アラビア語を母語としている人口は2億人以上です。パレスチナの場合は、勿論アラビア語を母語とし最初は、挨拶から、そして、文字も読めたり、書けたりしたらもっとわくわくすることでしょう。「シュワイ・シュワイ(少しずつ、少しずつ)」やってゆきましょう。いつか、最終的にはパレスチナをはじめアラブの歴史や文学や詩に触れられるようになりましょう。インシャアッラー!

日時:第2、第4水曜日 19:30~21:00
場所:素人の乱 12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F
(北中通り沿い斉藤電気店向かい)

費用:三ヶ月で15,000円
(分割可:一月あたり5,000円)
連絡・問い合わせ先:
電話:070-6930-4368 (松尾)
メール:mrzqhrk@muc.biglobe.ne.jp

●以下のプロクラムではじめます。
1.旅々アラビア語・・・旅に出よう、しゃべってみよう!
2.旅々アラビア語2
・アラビア語の話されている地域
・食べ物の名前を覚えよう!
3.違いの分かるアラビア語
・日本語や英語や他の言葉とどう違うの?
・セム語という言葉

さあ、アラビア語をはじめましょう。
心の耳を研ぎ澄まし、パレスチナの人々の心の叫びを聞くために。

講師紹介 – 松尾 晴紀
大東文化大学他講師。ATIF(ダマスカスにあるアラビア語学院)修了。ダマスカス大学文学部歴史学科留学。パリ大学歴史学修士。JICA特別嘱託にてイラク出向。 元 放送大学講師。